未来博士3分間コンペティション2016で赤澤隆志さんが優秀賞とオーディエンス銀賞を受賞

 平成28年9月24日に広島県の東広島芸術文化ホールで開催された「未来博士3分間コンペティション2016(主催:未来を拓く地方協奏プラットフォーム/代表機関:広島大学、共同実施機関:山口大学、徳島大学)」において、愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程1年の赤澤隆志さん(香川大学農学部食品タンパク質機能学研究室所属)が、3分間プレゼンテーション日本語部門において、「ニワトリの卵の白身にひよこを誕生させる能力はあるのか?」というタイトルで発表し、優秀賞及びオーディエンス銀賞を同時受賞しました。このコンペティションは、博士課程後期学生が、自身の研究のビジョンと魅力について、スライド1枚を背景にし、誰もが分かるように3分間で語るスピーチ大会で、今年度の大会の日本語部門には24名の学生がエントリーしました。(農学部広報担当)


Previous Image
Next Image

info heading

info content