香川大学大学院農学研究科とチェンマイ大学農産学部及び研究科とのダブルディグリーに関する覚書に係る調印式

[国際交流委員会]

 平成28年10月11日、チェンマイ大学Sujinda Sriwattana農産学部長、Pichaya Poonlarp副学部長、Noppol Leksawasdi学部国際担当が農学部を訪問され、ダブルディグリーに関する覚書に係る調印式が行われました。
 調印式後には、本学片岡農学部長、深井副学部長、秋光副学部長、川村国際交流委員長、小川食品科学領域長、田村教授、ルーツ准教授らと両研究科等の概要、教育及び研究紹介や今後の学生交流について、活発な懇談がされました。
 またその後は、食品機能分子化学(田村教員)研究室、食品工学(吉井教員)研究室、食品物理学(合谷教員)研究室を訪問し、より一層の相互理解を深め、今後の活発な国際交流が期待されます。

img01img02

(写真左説明)農学部学部長室にてチェンマイ大学Sujinda Sriwattana農産学部長と片岡学部長による調印

(写真右説明)前列左から片岡農学部長、チェンマイ大学Sujinda Sriwattana農産学部長、後列左から秋光副学部長、深井副学部長、川村国際交流委員長、Pichaya Poonlarp副学部長、Noppol Leksawasdi学部国際担当、小川食品科学領域長、
ルーツ准教授、田村教授