シェレバングラ農科大学大学院Dr. Parimal Kanti Biswas研究科長が来訪

【農学部広報担当】

 2017年5月10日(水)、本学部との学術交流協定締結校であるバングラデシュ・シェレバングラ農科大学大学院Dr. Parimal Kanti Biswas研究科長が、活発な交流を続けている藤田政之教授の研究室を来訪されました。片岡学部長との懇談では、バングラデシュの気候や農業生産、また農業への温暖化の影響が話題となりました。5月1日現在、農学部キャンパスでは、大学院農学研究科修士課程1名、愛媛大学連合農学研究科博士課程7名に加え、大学院特別研究学生5名の総数13名のバングラデシュからの留学生が学んでいます。

Previous Image
Next Image

info heading

info content