日本畜産学会第123回大会にてEnglish Presentation Awardを受賞

 【農学部広報担当】

 平成29年9月6-7日に信州大学農学部で開催された日本畜産学会第123回大会では、畜産学領域の情報発信力より高めるため英語での発表機会が初めて設けられました。本学農学研究科2年の井手上奈央さんは栄養・飼養部門、同研究科2年の今出雄太くんは管理・環境部門、SUIJIジョイント・プログラム・マスター在学中のIda Maria Hutabarat Lestariは形態・生理部門において英語で発表し、English Presentation Awardを受賞しました。全176演題のうち英語で発表されたものの中から19演題への授与が行われました。


Previous Image
Next Image

info heading

info content