コース紹介


  1. 応用生命科学コース

     近年の生命科学やバイオテクノロジー研究のめざましい発展により、生命現象や生物が作る物質の特性や機能を分子レベルで解明して利用することが可能になってきました。本コースでは微生物から高等動植物までの様々な生命活動を分子・遺伝子レベルで明らかにする生命科学の基礎から、その成果を有用生物の開発や生物資源の有効利用へと役立てる応用技術まで幅広く学びます。

  2. 生物生産科学コース

     21世紀の豊かな社会の発展に求められる安全で安定的な食料供給と生活に潤いをもたらす園芸資源の生産開発をめざして、遺伝子資源の評価と品種改良、生産技術や生産物の流通システムなどを、フィールドからバイオまで体系的かつ実践的に学びます。

  3. 生物資源環境化学コース

     生物資源や生物機能を化学的に解明することにより生物資源を有効かつ高度利用し、さらに生物資源の生産の場となる環境について化学的手法を用いて物質レベルで理解することを目標とします。特に、生物活性・生体機能物質の探索およびその生成と作用機構の解明について学ぶとともに、環境中の生物資源にまつわる物質の循環について学びます。

  4. 食品科学コース

     食品の持つ人間に対する種々の生体調節機能を化学的側面から理解し、高い嗜好性や機能性を維持した様々な食品の技術開発などを習得し、食品機能、安全性、嗜好性について体系的に、実践的に学びます。

各コースの主担当教員(教員名をクリックすると研究内容ページへジャンプします)

コース概念図

コース概念図