カリキュラム

・1年半の基礎・共通科目を学んだ後、
5つのコースに分かれて専門科目を学ぶ

20141114081829893_0001

5つのコース制

  • 応用生物科学コース
    近年の生命科学やバイオテクノロジーのめざましい発展により,生命現象や生物が作る物質の特性や機能を分子レベルで解明して利用することが可能になってきました。応用生命科学コースでは,微生物から高等動植物までの様々な生命活動を分子・遺伝子レベルで明らかにする生命科学の基礎から,その成果を有用生物の開発や生物資源の有効利用へと役立てるための応用技術まで幅広く学ぶことができます。
  • 生物生産科学コース
    21世紀の豊かな社会の発展に求められる安全で安定的な食料供給と,生活に潤いをもたらす園芸資源の生産開発をめざして,遺伝子資源の評価と品種改良,生産技術や生産物の流通システムなどを,フィールドからバイオまで体系的かつ実践的に学びます。基礎から応用までの理論を体系的に学習し,連携した実験やフィールド実習を通して自ら検証できるユニークな教育体制を有しています。
  • 環境科学コース
    生物と環境の相互作用や環境中の物質循環について学びます。とくに里海と里山を主な対象として,フィールドおよび実験室・実験圃場で化学的・生物学的手法をはじめとする様々な分野の手法と理論を活用し調査解析に取り組みます。そして,環境や生物の利用・管理および保全に実践的に取り組む力を身につけます。
  • 生物資源機能化学コース
    生体の様々な機能を物質レベルで理解し、多様な生物資源の効率的な利用法の開発に必要とされる基盤的知識の習得を目標とします。特に、有用な機能を持つ生物由来の化学物質の探索法、それらの生成・作用メカニズムや分子構造を解明するための化学的手法、さらに再生可能資源としてのバイオマスの高度利用法について重点的に学びます。
  • 食品科学
    食品の持つ人間に対する種々の生体調節機能などを化学的に理解し,(1)食品の機能性 (2)安全性 (3)嗜好性・加工特性 について学びます。講義と実験(学外の工場又は研究所見学なども含む)を組み合わせ,基礎から応用,そして実践的内容のカリキュラムで,嗜好性や機能性を持つ様々な食品を開発できる人材の育成を行っています。

各種科目

  • 導入科目
     1年次に開講される全学共通科目(教養教育)に併設される農学教育科目です。コース別教育に入る前に、学部で行われている教育内容を紹介します。簡単な実習や見学が含まれ、実習は希少糖研究センターや総合生命科学研究センターなどで行います。
  • 共通基礎科目
     コース教育や課題研究のための「分子生物学」、「基礎有機化学」、「遺伝学」などの基礎教育科目です。また、「lT活用概論」では、情報科学に関する基礎技能を修得します。
  • コース専門科目
     各コース特有の開講科目です。各コースでは、それぞれ「細胞工学」、「農業気象学」、「天然物化学」、「食品化学」をはじめ12科目以上開講されます。また各コースには、コース特有の実験実習科目もあります。
  • 共通展開科目
     科学技術の担い手である研究者や専門職業人に不可欠な倫理観、国際感覚などを身につけるため、「生命倫理」、「国際農業論」などの講義を学びます。また医学や環境科学への応用が期待されるバイオサイエンスの基礎知識として「バイオメディカルサイエンス」、「生物環境保全学」などの講義を学びます。