生物生産科学コース

21世紀の豊かな社会の発展に求められる安全で安定的な食料供給と生活に潤いをもたらす園芸資源の生産開発をめざして、遺伝子資源の評価と品種改良、生産技術・環境や生産物の流通・利用システムなどを、フィールドからバイオまで体系的かつ実践的に学びます。基礎から応用までの理論を体系的に学習し、連携した実験やフィールド(農場)実習を通して自ら検証できるユニークな教育体制を有しています。
2年後期にコース分属した後に修得する専門科目には、食用作物学、畜産学、農業気象学、農業経済学、果樹学、花き学、蔬菜学、園芸利用学、植物品種開発学、施設生産学やコース実験、フィールド実習および専門英語などがあります。3年後期に研究室分属してから課題研究に取り組み卒業論文を書きます。本コースには食料生産学領域と園芸科学領域の研究室があり、植物生理学を基礎にして食用作物や園芸作物の生産技術と発育制御、さらに動植物資源、生産環境やフードシステム、ポストハーベストなどについて研究しています。

農業と触れ合う生物生産科学コース

小西絢子(生物生産科学コース)
※写真の右から2番目

農学部では2年後期にコース分属をします。生物生産科学コースでは農場で田植えや果樹の収穫、家畜の飼育などの実習を行います。日常生活で体験できないことを、実習を通して学習できます。大変な作業もありますが、コースの仲間と協力しながらの作業はとても楽しいです。ぜひ農学部で作物、家畜とふれあってみませんか。