生物資源機能化学コース

生体の様々な機能を物質レベルで理解し,多様な生物資源の効率的な利用法の開発に必要とされる基盤的知識の習得を目標とします。特に,有用な機能を持つ生物由来の化学物質の探索法,それらの生成・作用メカニズムや分子構造を解明するための化学的手法,さらに再生産可能資源としてのバイオマスの高度利用について重点的に学びます。
課題研究では,生体関連コロイドと希少糖の物理化学的性質,希少糖・天然物の生物活性・生物機能の探索,有用植物の機能性成分の生合成,樹木成分の化学と生化学,木質バイオマスの利用,希少糖誘導体の合成と生物活性,アレロパシー物質の探索,ケミカルバイオロジーを駆使した抗がん剤の開発などを行っています。講義と実験を通して,化学物質の取扱い・化学分析・機器分析の基礎が修得できます。これらは食品,化成品,医薬品,化粧品,建材などの製造業や環境分析等の技術サービス業,病院での検査業務に欠かせないので,それらの就職に有利です。