食品科学コース

食品の持つ人間に対する生体調節機能を科学的に理解し、安全で、機能性が高く、様々な嗜好性に対応できる食品を開発できる人材の育成を行っています。
 (1)食品の機能性;主に、「食品化学」「食品タンパク質化学」「栄養生化学」で、食品成分を化学的に理解し、これらが栄養的、生理的にどの様に影響するかについて学びます。(2)安全性;主に、「食品衛生学」「食品微生物学」「生体防御学」で、様々な化学物質や有害微生物によって常に危険にさらされている食の安全について科学的に正しい知識を得ると共に危害防止法について学びます。(3)嗜好性・加工特性;主に、「食品物理化学」「食品加工学」「食品機能利用学」「酵素利用学」で、おいしさとはどの様なものか、嗜好性及び機能性の高い食品を作るにはどの様に加工したら良いかを学びます。これらのため、本コースは、講義と実験・実習(工場・研究所見学なども含む)を組み合わせた、基礎から実践的内容を含む幅広いカリキュラムで構成されています。

生きていくのに必要な食物について知識を深めるため食品科学コースを選択

足立早映さん(食品化学コース)

学生実験では、科学的視点からソーセージやパンの製造工程などを学び、講義では、微生物学、栄養学、食品加工・物理学など多岐わたる勉強をしました。実験や講義で身につけた知識を活かし、現在、研究室で、DHA・EPAを含む魚油の粉末化の実験・研究に日々取り組んでいます。