香川大学帰国留学生ネットワーク

 香川大学では、本学と帰国留学生の間、さらに帰国留学生間の交流促進を目的として、香川大学帰国留学生ネットワーク(香川大学留学生同窓会)を概ね2年に1回程度実施しています。


帰国留学生ネットワーク タイ支部

  バンコク市にて開催された、帰国留学生ネットワーク第1回、第2回総会に続き、平成29年3月14日に、チェンマイ市にて第3回総会が開催されました。
 週日の開催にも関わらず20名近い帰国留学生が参加して、懐かしい香川大学での思い出話や近況報告で盛り上がり、本当に楽しい一時を過ごしました。香川大学で学んだ元留学生が大学や企業などで大いに活躍している姿に、香川の地で一緒に学んだ我々にとって嬉しく、誇らしく深く感動しました。
 これまでのタイからの香川大学農学部への留学生は、学位取得者・長期滞在を合わせると130名を越えています。今や、タイからの留学生は第三世代となり、まさに世代を越えた交流が続いています。

帰国留学生ネットワーク 中国支部
 2015年8月8日(土)、香川大学帰国留学生ネットワーク中国支部第4回総会が、本学協定校である天津農学院を会場にして開催されました。約50名の参加者があり、香川大学からは長尾学長、ロンインターナショナル副オフィス長、今井田医学部長、徳田医学部教授、姚経済学部教授らとともに、農学部から片岡農学部長、楠谷農学部名誉教授が出席しました。    
 農学部で学んだ留学生も多く、留学当時の懐かしい思い出や現在の様子などの話題で大いに盛り上がりました。午後には、天津農学院の邢学長を表敬訪問し、崔教授と本学部の楠谷名誉教授との共同研究が進展している中国の良食味米育成のプロジェクトの説明を受けました。今後、さらに広い分野での交流が期待されます。