附属教育研究施設


  • 附属農場
    附属農場

     附属農場は農学部から約6km離れたさぬき市昭和の北西部の標高100mの山の中腹部にあり、面積は約17万m2の傾斜地農場である。
     農学部における専門教育の一環を担う当農場は、農業生産に関する研究と実習教育に適した最良の場である。
     当農場では学部での講義等から得た知識と理論に基づき米麦、果樹、野菜、花卉の栽培、バイオテクノロジーによる苗の生産並びに家畜の飼養、農業機械の操作等について実習教育を行っている。この実践教育を通じ本来の農業技術を体得し、農学に関する理解と関心を深め、総合的に農業を把握することを目指している。
     また、当農場では農作業の効率化、作物栽培、家畜の飼養、園芸作物の栽培・繁殖等に関する研究が行われ、その成果が実習教育に反映されている。

  • 共同利用機器センター

     農学部では、高性能な各種大型機器、例えば高分解能電子顕微鏡、超微量生体成分分析装や生体物質構造解析装置などが導入されており、基礎から応用まで高度な教育・研究が行われている。

  • 放射性同位元素(RI)使用施設

     RIの使用は生物の生育、分化、生理、代謝、遺伝等の生命現象の解明に極めて有効な手段であり、本施設はRI実験を安全に行う専用施設として設置されている。

  • 情報処理室

     農学部においては、学生用にパーソナルコンピュータを設置し、情報リテラシー教育を行っている。所定の手続きを済ませれば、誰でも自由な時間に使用出来る。これらのパーソナルコンピュータには様々なソフトウェアがインストールされており、またインターネットを通じて、国内外の情報を取得したり交換したりすることができる。