トップ活動内容 交流活動>「綾上町棚田ビレッジ会」

農村ボランティア活動の視察


 4月18日に農村ボランティアの視察として、綾上町で行われている 「綾上町棚田ビレッジ会」へ ゼミメンバーで行ってきました。棚田ビレッジ会は、遊休農地の解消、棚田の保全を目指し、 平成14年4月に発足した県内で初めてのボランティアグループです。現在は田植え、稲刈りなどの 農作業体験を月2回行っています。
 今回は会長の岡浩美さんをはじめとする幹部の方々にお話を伺いました。皆様お忙しい中、 私達に丁寧に活動内容について説明して下さいました。その後実際活動をしている棚田に案内して いただきました。残念ながら今回は霞がかかっていましたが、晴れていると屋島まで見ることが できるそうです。
 三回生は今回が初めての現場見学ということもあり少し緊張気味でしたが、棚田ビレッジ会の方が 丁寧に質問に答えてくださりとてもいい勉強になったようです。


棚田ボランティアの皆さんからお話を聞かせていただた後に、現地を見させていただきました。
右の写真のように手作りの看板があり、旧家を借りており、その庭ではバーベキューなどの収穫祭が行われるそうです。


棚田ボランティアの皆さんが利用している農地です。傾斜もあり畦の管理も大変だそうですが、非常によく管理されている ことが写真からもわかります。所有者であり農作業の先生でもある農家の方にも来ていただき、お話を聞かせていただきました。


右写真のようにレタスも出来ていました。最後に、タケノコを発見! 農家の方が持って帰いまい! ということで 持ちきれないほどのタケノコをいただきました。帰って各自美味しくいただきました。感謝です。