International Symposium on Genetic Bases for Kiwifruit Breeding
キウイフルーツ育種の遺伝的背景に関する国際シンポジウム開催のお知らせ(12月9日開催)

 キウイフルーツの育種研究における国際的な代表地であるニュージーランド、中国の第一人者と、我が国の研究者が会して、互いの研究成果を背景に情報交換するとともに、各国研究者間のさらなる協力体制の構築を目的として、キウイフルーツ育種・遺伝子背景に関する国際シンポジウムを開催します。
 育種により様々な作物で優良品種が育成されていますが、我が国におけるキウイフルーツの育種研究は香川大学・香川県の連携チームが最も進んでいます。国際的には、ニュージーランド・中国等で育種による優良品種の育成が進んでおり、それぞれ国の第一人者が長年に渡る研究成果を基に、International Symposium on Genetic Bases for Kiwifruit Breeding (キウイフルーツ育種の遺伝的背景に関する国際シンポジウム)をテーマとして、平成27 年12 月9 日(水)にかがわ国際会議場で、以下の講演者、次項のスケジュールにて国際シンポジウムを開催致します。

キウイフルーツシンポジウム2015