香川大学教育学部附属高松小学校の生徒が農学部訪問

【農学部広報担当】

 平成28年7月7日(木)香川大学教育学部附属高松小学校の生徒35名が、希少糖研究拠点である農学部キャンパスを訪問されました。池戸会館交流ラウンジで希少糖の説明を受けた後、国際希少糖研究教育機構の教材開発分野研究の一端として、何森特任教授よりズイナの苗が一人一人に手渡されました。その後、ズイナ培養・ズイナ圃場・希少糖生産ステーションを秋光教授、吉原助教の案内で見学し、午後からは農学部学生の指導により、簡単な実験を体験しました。
 皆さんが今後、もっともっと希少糖に興味を持ってくれると期待しています。

Previous Image
Next Image

info heading

info content