「27th Asian-Pacific Weed Science Society (APWSS) Conference」で最優秀ポスター賞を受賞

【農学部広報担当】

 農学研究科修士課程1年の濱田有理さんが、令和元年9月3日~6日にマレーシアのクチンで開催された27th Asian-Pacific Weed Science Society (APWSS) Conference (第27回アジア太平洋雑草科学学会)において、最優秀ポスター賞を受賞しました。
 濱田さんは「INVESTIGATION OF AN ALLELOPATHIC SUBSTANCE IN Osmanthus × fortunei Carrière LEAVES」というタイトルでポスター発表を行いました。
 本学会はオーストラリア、ニュージーランドやトルコ等24か国からの参加があり、濱田さんは67名のポスター発表者の中で最も優秀な賞に選ばれました。