2020年度新入留学生との顔合わせ会(Welcome Gathering)を 開催

【国際交流委員会】

 2021年1月27日(水)、BW106講義室において、2020年10月~12月に入国し、新しく香川大学農学部に加わった12名の新入留学生と在籍留学生との顔合わせ会を開催し、総勢30名が参加しました。
例年は留学生相互及び教職員、チューター、地域の方々等関係者と一層の親睦をはかるため、学生食堂において立食形式のパーティーを開催していましたが、2020年度は新型コロナウイルス感染症の世界的大流行により、中止となりました。そのような中でも、留学生間のピア・サポート体制を構築し、新入留学生に新しい環境に早く馴染んでもらえるように、参加者を限定した交流の場を設けようと開催されました。
 会は、小川国際交流委員の司会進行のもと、深井農学部長の挨拶で開始しました。次に、日本人学生からウェルカムスピーチの後、新入留学生1人1人から自己紹介、すでに在籍している留学生からも挨拶がありました。新入留学生12名を含め、現在、35名の留学生が農学部で学んでいます。
 最後に国際交流副委員長兼英語教員のルーツ教員から挨拶があり、研究活動だけでなく、日本の文化、日本人を含む様々な国籍の人々との交流も大切にして留学生活を送ってほしいとのお言葉をいただきました。
 今回の開催は、飲食禁止とし、3密を避け、ソーシャルディスタンスを保つことを徹底して開催しました。留学生及び日本人学生には、ミニギフトとして、ハラル対応の個包装菓子詰め合わせを配布しました。これをきっかけに、新入留学生が農学部での留学生活に1日も早く馴染み、留学生間のピア・サポートが活発になることが期待されます。

Previous Image
Next Image

info heading

info content