オンライン第1回3大学合同シンポジュウム(Trilateral Symposium on SDGs)の農学部セッションが開催

【農学部国際交流委員会】

 第1回香川大学・チェンマイ大学・国立嘉義大学合同シンポジウム(Trilateral Symposium on SDGs)が新型コロナウイルス感染症で対面での開催ができなくなり、オンラインで開催されました。農学部では、Sustainability & Food Sessionを8月31日(日本時間14:0〜17:20)にオンラインで主催しました。3大学からそれぞれ3名合計9名の若手の研究者からざまざまな分野で研究紹介がありました。

https://www.ag.kagawa-u.ac.jp/sustainabilityandfood2021/

 香川大学 農学部からは、Kong先生、花木先生と水田先生にご発表いただきました。Food Sessionには合計63名(うち学生14名を含む)が参加して頂き、情報交換を行いました。御協力頂いた先生、関係者に深く感謝いたします。

 来年(2022年)には、香川大学にて対面での第2回3大学合同シンポジウムが予定されています。今回の農学部のセッションを切掛に3大学間の共同研究が一層推進されることを期待しています。