小型で美味しいキウイフルーツ「さぬきキウイっこ」の開発

 香川大学農学部と香川県農業試験場が2006年から共同開発に取り組み、約8年間をかけて、栽培しやすく、小型で良食味という特徴をもつキウイフルーツ5品種を育成しました。品種名は「香川UPキ1号~5号」で種苗登録申請公表中です。
 これらの品種は、日本の温暖地に自生するシマサルナシとキウイフルーツの種間交雑により育成したもので、糖度が13%程度の一般のキウイフルーツに比べ、17~18と高く、酸味とのバランスも絶妙です。耐暑性や耐風性,耐病性などにも優れています。2014年1月から「さぬきキウイっこ®」として,東京・大阪の主要百貨店や県内フルーツショップ等で、販売を開始しました。

Kagawa University, Faculty of Agriculture, and Kagawa Agricultural Experimental Station started a joint breeding program in 2006. After 8 years of Kiwifruit breeding with wild variety “Shima Sarunashi” originated in Japan, the breeding program brought 5 cultivars with superior characters which are easy to grow and their fruits are a half size compering with those of regular Kiwifruit cultivars and have high sugar content with 17-18%.These cultivars were named as “Sanuki Kiwicco®” as the brand name and commercialized on January 2014 mainly in fruit shops carrying high grade fruits in major department stores in Tokyo, Osaka, and Kagawa prefecture.