農学部ホームカミングセミナーを開催

【カリキュラム委員会】

 毎年農学部では、学生の勉学意欲の向上及び進路指導の一環として、企業・研究所等で活躍中の卒業生を講師に招いてのホームカミングセミナーを開催しています。またこれは、大学院1年次の授業「科学研究リテラシー」としても位置づけられています。
 今回は講師として、2名の卒業生をお招きし、ご講演していただきました。
まず初めに、日本たばこ産業株式会社 宮本蓉子氏により「わたしの現在の取り組みと軌跡」と題して、修士課程、博士課程から民間企業への就職活動、企業研究職の現状についてご講演いただきました。
 次に、日本農薬株式会社 豆塚弘毅氏から「食料生産と農薬」と題して、食糧生産における農薬の重要性、安全性等について説明の後、会社紹介、研究開発について、現在の仕事内容や、研究職の幅広い業務、働くことに対する考え方など、会社での経験をもとに分かりやすく説明していただきました。
 今回のセミナーには、主に大学院生を中心に約60人が参加し、先輩方の体験談に熱心に聞き入るとともに、これからの進路を考える上でとても貴重なものとなりました。


○講演者  宮本 蓉子 氏 日本たばこ産業株式会社 R&D企画部 課長代理
      豆塚 弘毅 氏 日本農薬株式会社 大阪支店 課長補佐


○日 時  平成30年5月28日(月)10:30~12:00


Previous Image
Next Image

info heading

info content