未来博士3分間コンペティション2018で最優秀賞を受賞

【農学部広報担当】

 平成30年9月15日(土)、東広島芸術文化ホールくららにて開催された「未来博士3分間コンペティション2018」において、香川大学配属/愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程1年のHOSSAIN MD SHAHADATさんが、審査員会(18名の大学・企業等関係者から構成)が選ぶ「最優秀賞」、企業審査員が選ぶ「シュプリンガー・ネイチャー賞」さらには聴衆の投票によって決まる、「オーディエンス賞(英語部門)」をトリプル受賞されました。
 HOSSAINさんの所属する研究室では「phytoprotectants」の研究を主として行っています。「Phytoprotectants」とは非生物的ストレスから植物を保護する化学薬品です。研究者たちは高額でなく、環境に優しく、現在存在している化学薬品と比べもっと効果的な薬品を探しているところです。
 HOSSAINさんは現在、様々なストレスに対し、耐性を高めることのできる薬品を見つけ出すために、研究しているところです。そしていつか、植物における、ストレス耐性のからくりを理解することが目標とされています。今後の、HOSSAINさんの更なる活躍が期待されます。

Previous Image
Next Image

info heading

info content