植物微生物研究会第29回研究交流会において学生優秀発表賞・ポスター賞受賞

【農学部広報担当】

 2019年9月18日から20日に、サンポートホール高松第1小ホールにて開催された植物微生物研究会第29回研究交流会において、愛媛連合大学院博士課程2年の十川蒼君が学生優秀発表賞 ポスター賞を受賞しました。
 十川君の発表題名は、「ミヤコグサQa-SNARE遺伝子LjSYP132の選択的スプライシング」というタイトルでマメ科植物と根粒菌共生の小胞輸送に関わるSNAREタンパク質が選択的にスプライシングされており、経時的に発現調節されていることを明らかにしたことを報告し、当学会において高く評価を得ました。
 本学会は、植物―微生物相互作用について研究している研究者が集まる研究会で毎年1回開催されています。