廃棄物資源循環学会第30回研究発表会にて、2019 年度廃棄物資源循環学会中国・四国支部奨励賞を受賞

【農学部広報担当】

 令和元年9月19日~21日に仙台市の東北大学で開催された廃棄物資源循環学会第30回研究発表会において、農学研究科修士課程2年の川崎稔弥さんが廃棄物資源循環学会中国・四国支部から2019 年度廃棄物資源循環学会中国・四国支部奨励賞を授与されました。
 川崎さんは、「アメリカミズアブ(Hermetia illucens)による食品廃棄物の資源循環を目指して-アメリカミズアブの幼虫による家庭系食品廃棄物の処理と残渣の肥料的価値について-」というタイトルで口頭発表を行いました。
 廃棄物資源循環学会研究発表会は循環型社会の形成と廃棄物問題の解決に取り組む研究者が全国から集まる研究発表会で、毎年開催され、今回は289編の研究発表がありました。