応用酵素化学研究室(AEC)へようこそ

バイオマス資源から多糖あるいは単糖を取出し、微生物あるいは酵素反応を用いて分解したり、変換して、付加価値の高いオリゴ糖や希少糖など、機能性糖素材を作り出すための研究を行っています。機能性糖素材には、血糖値上昇抑制作用や抗肥満作用、抗酸化作用、免疫賦活作用、カルシウム吸収促進作用など、様々な機能性が見いだされつつあります。私たちと一緒に「糖」の研究に取り組んでみませんか。また、バイオテクノロジーの研究技術を生かした環境問題や地域の問題解決に貢献できる研究にも取り組んでいます。

▼ 詳しくはコチラ


最新情報や更新情報 6月1日更新

2020年6月 6月18日以後の研究室訪問については、学部生・大学院生募集から
2020年6月 高田担当の「食品科学コース実験II」は6月19日から開講します。詳しくは、講義情報から
2020年6月 6月19日から一部の講義ではオンラインに加え講義室でも受講ができます。高田担当の「物理化学」「酵素利用学」「大学入門ゼミ」「応用生物科学概論」「応用生物科学実習」「うどん学」に関する情報は、講義情報から
2020年3月 修士1名、学部4年生3名が修了・卒業しました→修士、日本食品分析センター、良品計画、敷島堂
2020年2月 長谷川妙恵さんが2019年度日本農芸化学会中四国支部学生奨励賞を受賞しました。
2019年11月 
長谷川妙恵さんが日本農芸化学会西日本支部中四国支部合同支部大会において優秀発表賞に選ばれました。
2019年10月 学部3年生3名が研究室に配属されました→メンバーが10名
2019年7月 長谷川妙恵さんが特待生に選ばれました。
2019年5月 酵素利用学の講義情報を更新しました
2019年3月 修士1名、博士1名が修了しました→帰国
2019年3月 学部4年生3名が卒業しました→修士、テモナ
2018年10月 学部3年生3名が研究室に配属されました→メンバーが12名
2018年7月 講義情報:酵素利用学を更新しました
2018年4月 高田教員が教授に昇任しました
2018年3月 学部4年生3名が卒業しました→1名修士、チチヤス、ファミリーマート
2018年3月 修士2年生2名が修了しました→1名博士、WDBエウレカ
2018年3月 SUIJI-Msによるガジャマダ大学からの留学生が来日しました。4月から修士課程の2年生です
2017年10月 学部3年生3名が研究室に配属されました→メンバーが12名
2017年3月 学部4年生3名が卒業しました→セブンイレブン、山崎製パン、大林道路
2017年3月 修士2年生2名が修了しました→アイコンジャパン、田村薬品工業
2017年2月 門田舞さんが食品科学領域課題研究発表会ベストプレゼンター賞銅賞を受賞しました。中間発表会の銅賞に続いての受賞となりました。おめでとうございます
2016年10月 学部3年生3名が研究室に配属されました→メンバーが14名
2016年9月 上地敬子さんが、琉球大学農学部の助教に着任しました。ますますのご活躍をお祈りします。
2016年4月 修士課程に4名、博士課程に1名が入学しました
2016年3月 学部4年生3名が卒業しました→全員修士
2016年3月 修士2年生3名が修了しました→1名博士、四国乳業、ミネック
2016年3月 博士3年生1名が修了しました→サンガリア
2015年10月 学部3年生3名が研究室に配属されました→メンバーが14名
2015年4月 2名が修士課程に入学しました
2015年3月 学部4年生3名が卒業しました→2名修士、三栄源FFI
2015年3月 修士2年生3名が修了しました→林原、セロテック、里庄町役場
2015年3月 チェンマイ大学から短期留学生が来日しました。10月までの滞在予定です。
2015年2月 塚原雅美さんが食品科学領域課題研究発表会ベストプレゼンター賞金賞を受賞しました。中間発表会の銅賞に続いての受賞となりました。おめでとうございます
2015年2月 野村彩希さんが2014年度日本農芸化学会中四国支部学生奨励賞を受賞しました。おめでとうございます
2014年10月 学部3年生3名が研究室に配属されました→メンバーが最多の15名
2014年9月 Yotsombat Akkharapimonさんが第5回チェンマイ大学・香川大学合同シンポジウムでベストポスター賞を受賞しました。おめでとうございます
2014年4月 寺見優司くんが日本学術振興会特別研究員に採用されました
2014年4月 3名が修士課程に入学しました

研究室の様子を発信しています

InstagramYouTube