附属高松小学校の校外学習を実施

【農学部広報担当】

 令和3年11月12日(金)附属高松小学校の児童34名が、校外学習のため庵治マリンステーションを訪れました。

 農学部;多田教授、一見教授、山口准教授、農学部生・研究科生、創造工学部;末永教授が児童とともに「調査船カラヌスⅢ」に乗船し、海水の採取方法や水中カメラでの海中の観察などを行いました。

 また、庵治マリンセンターの実験室では、電子顕微鏡を用いての微生物観察や、ちりめんじゃこに混じったチリメンモンスターの観察を行いました。