Windows用プログラムの動作確認

Windows用の導入と動作確認

環境: CentOS 7. Wine 4.0.3.

忘れないための記録。

Wine

“Wine Is Not an Emulator” – A compatibility layer for windows applications.

$ sudo yum --enablerepo=epel info wine

でインストールしたwineでは “EXEフォーマットが不正です。” と怒られて、Windows用インストーラー(32bitのバイナリ)が動かせなかったので、自分でビルドした。
参考サイト(How to Install Wine 32-bit on CentOS 7Wine + CentOS でWindowsのバイナリ(32bit)を動かす – くりーむわーかー)のそのままの手順。

違うところはインストール先。

$ wget https://dl.winehq.org/wine/source/5.0/wine-5.0.tar.xz
$ tar Jxfv wine-5.0.tar.xz
$ cd wine-5.0/
----
$ ../configure --enable-win64 --prefix=/opt/wine
----
$ PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib/pkgconfig ../configure --with-wine64=../wine64 --prefix=/opt/wine

“/opt/wine/bin” にPATHを 通す。

Facio

計算化学ソフトウェア向けのGUI。バージョン22.1.1 (released on December 25, 2018)。

$ wine /opt/windows/Facio2211-64/Facio.exe

メニュー > Preferences > Linux-WINE Mode をONにする。MSMSもインストールする。

$ wget http://mgltools.scripps.edu/downloads/tars/releases/MSMSRELEASE/REL2.6.1/msms_i86_64Linux2_2.6.1.tar.gz

Winmostar

計算化学ソフトウェア向けのGUI、分子モデリングソフトウェア。無償ライセンスで最新開発版を13か月間使用できる。

$ wine /opt/windows/winmos/winmostar.exe

JEOL Delta NMR

日本電子(JEOL)のNMRデータ処理ソフトウェア。Linux版はv4.3.6.0。最新版(2020年2月現在)はv5.3.1.0。
インストーラーが途中で止まるので、

$ sudo cp -r  ~/.wine/drive_c/Program\ Files\ \(x86\)/JEOL /opt/windows/
とコピーしてからインストーラーをキャンセルした後に、
$ cp -r /opt/windows/JEOL  ~/.wine/drive_c/Program\ Files\ \(x86\)/
と戻す。
$ wine /opt/windows/JEOL/Delta\ 5.3.1.app/Contents/WinNT/delta.exe

「既定のプリンタ」がないとかで印刷ができなかった。

Linux版Deltaのインストール

普通に実行しようとすると “libdl.so.2” や “libc.so.6” がないと怒られる。
対処法: [SOLVED] Missing libdl.so.2 Error during installation

$ cp DeltaInstaller_v4.3.6_Linux.bin DeltaInstaller_v4.3.6_Linux.bin.bak
$ cat DeltaInstaller_v4.3.6_Linux.bin.bak | sed "s/export LD_ASSUME_KERNEL/#xport LD_ASSUME_KERNEL/" > DeltaInstaller_v4.3.6_Linux.bin
$ sudo yum install libXp.so.6
$ sudo sh DeltaInstaller_v4.3.6_Linux.bin
$ /usr/delta/bin/delta

結局 “libdb.so.2” がなくて起動できなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください